2017年02月17日

じわじわクチコミが広がる ハンズオン式広報塾 vol.1 のお知らせ!

  じわじわクチコミが広がる
  ハンズオン式広報塾 vol.1

 〈広報紙〉を浴びてみる 編 


ハンズオンの事務局には、全国各地から
日々さまざまな〈広報紙〉が届きます。
「事務局だけで見させていただくのはもったいないねえ」
ということで、今回、みなさんと一緒に、
〈広報紙〉を触って、楽しみ尽くす時間を持ちます。

一気に100以上の広報紙を見ながら、
「広報のポイント」を発見していきます。

「広報紙だしているけど……いまいち反応が」とか
「広報講座とか受けたけども……なかなか実践が」という方
ぜひご参加ください。
見る、さわる、話す、ハンズオン型実感系学び合いの場です。

お待ちしています。


□日時:
2017年2月17日(金)
 昼の部:14:00〜16:00
 夜の部:19:00〜21:00
 いずれかにご参加ください。
 定員に達し次第、締め切ります。

□場 所:
武蔵浦和コミュニティセンター 第7集会室
(JR埼京線 武蔵浦和駅徒歩1分 雨にも濡れません)

□持ち物:
広報紙(市民活動、企業、お店 なんでも OK!)
…10紙ぐらい、できれば封筒に入っている状態でお願いします

□参加費:
2000円(お茶代込み)
 
□進 行:
吉田知津子(広報プランナー/ハンズオン埼玉副代表理事)
広告代理店勤務時代、倉本聰氏(「北の国から」脚本家)の
「広告参加型プロジェクト」などを担当。「創る」視線を学ぶ。
これまで100以上のNPOなどを中心に広報の企画やワークショップを行う。
(昨年は もと「富良野塾」(2017年芥川賞「しんせかい」の舞台)などで行う。
今年夏も企画中)
 
西川正(コミュニティワーカー/ハンズオン埼玉常務理事)
出版社、学童保育、障害者団体、NPO支援センター、大学などで働き、
地域では、保育所保護者会、PTA役員、おやじの会、民生委員で活動。
さまざまな広報誌をつくり続けて30年。3月に初の単著を上梓予定。
 
□申し込み:
 お申込みはこちらのフォームからお願いいたします。
 https://ws.formzu.net/fgen/S67557198/
 
□主 催:
認定NPO法人ハンズオン埼玉
 
スタッフが少ない、お金がない、をチャームポイントに、
埼玉で毎年100か所以上、ヤキイモタイムなどを展開。
たき火のようにじわじわあたたまる広報を模索し続けて12年。

 『さいたま市で父になる』(さいたま市発行)
 http://www.city.saitama.jp/003/001/012/p022335.html
 『チビタビ』(埼玉県発行)
 https://www.pref.saitama.lg.jp/a0607/tibitabi.html
 などの企画・編集を担当。
 『福玉便り』を創刊、編集デザインを担当。
 http://fukutama.org/?page_id=734

 〒330-0063 さいたま市浦和区高砂2-10-6
 TEL:048-834-2052 FAX:048-826-5184

投稿者 hands-on

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hands-on-s.org/cgi/mt/mt-tb.cgi/447

* Copyright 2005 hands-on Saitama All rights reserved| Powered by Movable Type 3.2-ja